SEOに強いWebコンテンツ作成の3つポイントのについて

  1. ユーザーが求める情報を書く
  2. ユーザーが必要とする情報量にする
  3. ユーザーが求める箇所に情報を書く

 

  1. 信ぴょう性の高い情報を引用する
  2. オリジナリティを盛り込む
  3. 網羅性を高める

 

  1. 読みやすい内容にする

今後、重要視されるのは、専門性・権威性・信頼性です

これから先、Googleのアルゴリズムで重要視されるのは、「専門性」、「権威性」、「信頼性」です。

 

この3つを踏まえて記事を書いていくのが成功する秘訣です。

 

《参考情報》 E-A-Tとは、

E-A-Tとは、Googleが公開する検索品質評価ガイドラインで定義されてるWebサイトを評価する基準の1つです。
いくつかの基準の中の1つに「E-A-T」があり、「専門性/信頼性/権威性」が高いWebサイト・ページを評価することを明示してます。
また、E-A-Tは、Expertise(専門性)、Authoritativeness(権威性)、 Trustworthiness(信頼性)のぞれぞれ頭文字をとって省略した呼び方となります。

 

Webサイトによって提供する情報も異なるので、E-A-Tの評価も異なります。
例えば、YMYLと呼ばれる「金融や医療などの生活やお金に関連するトピックを扱うWebサイト」は信頼性がとくに重視されます。
このようなサイトでは、発信する情報の信ぴょう性がとくに求められるため、公式サイトや誰もが参照するようなページを引用元として記載したり他のトピックよりも情報を豊かにするなど、信頼性の高いページ作りが重要となります。

更新履歴